相続税対策としてやることができる行為とは

節税はまったく問題ないです

脱税は駄目ですが、節税に関しては問題ないことになります。ですから、相続税対策もしておいたほうがよいでしょう。まず、最も妥当に無難にできるようになっているのが。なんといっても贈与することになっています。これに非課税枠がありますから、フルに活用するようにしたほうがよいでしょう。それこそ、生まれたときから対策をしていれば数千万円単位が無税で譲り渡すことができるようになります。これがまずベストなやり方になります。

基本的にはまずは生命保険

現金で受け継がせてしまう、ということはある意味では仕方ないです。むしろ、そうしないと相続税が支払うことができない、となってしまうのである程度は残しておくべきでしょう。では、すべてがそれでよいのか、といいますとそんなことはまったくないでしょう。具体的には生命保険などから相続させることがお勧めできます。控除額が少しありますから、それで多少なりともお得に相続させることが可能になりますから、計算してみることです。

会社を作ってしまうこと

法人を作ることによって対策になることがあります。より正確にいうのであれば相続人を法人に勤めさせるのです。それもそもそもに高い地位にしましょう。あくまで民間の話であるわけですから、それはまったく問題ないことでしょう。そして、そこの給料を渡す、ということになります。これでなかなかしっかりと財産を譲り渡すことができるようになりますから、法人設立、というのはよくよく考えて見て意味があればやってみるとよいでしょう。

相続税対策を効果的に行うために、経験豊かな税理士の在籍している事務所に相談を持ち掛けることが重要です。