永山でならかなえられそう楽しい東京ライフ

東京のどこで暮らそう?

進学や就職などで東京暮らしを始める人も多いですよね。学生さんや新入社員の一人暮らしは、圧倒的に賃貸が多くなると思います。インターネットなどで情報収集する際、あなたなら何を重視するでしょうか。学校や職場に近い、駅から徒歩5分以内など、人によってその項目はさまざまですね。住んでみてから「こんなはずではなかった…」とならないために、最低限、次の項目はしっかりとチェックしてから借りるかどうか判断したいところです。

予算オーバーしていない?

どんなに好条件な物件だったとしても、家賃を払えなければ台無しです。一般的に、賃貸物件の家賃は年収の2割以内までとするのが理想的と言われています。シングル向けの物件(1L、1K、1DK)の平均相場ですが、住みたい街の上位にランクインしている吉祥寺であれば7~8万円、再開発が進む池袋であれば8~9万円程度となっています。新入社員のお財布には、けっこう厳しいですよね。でも、例えば平均相場4~5万円の永山であれば、手ごろな値段で希望の物件を見つけられるかもしれません。

自然と便利さのバランスも考えて

せっかく東京で暮らすのであれば、都心に住みたいと思うかもしれませんね。でも、長く生活するのであれば、刺激や便利さだけではなく快適さも重要になってきます。光や音が絶え間なく入ってくるようなところでは、疲れていてもゆっくり休むこともできません。休日にちょっと散歩をしたときに、緑豊かな公園が近くにあれば心が癒されますよね。永山は緑豊かな住宅地です。駅前は開けており、買い物や食事を楽しむことができます。小田急線と京王線が乗り入れており、新百合ヶ丘や調布へも直ぐに遊びに行けます。永山であれば、バランスの良い東京暮らしを楽しめそうですね。

永山の賃貸の物件の価値にこだわりたいときには、ニーズの高い不動産会社のおすすめの物件のメリットに目を向けることが重要です。